高級クラブのホステスにノルマが課せられるって本当?

ホステスをはじめ、ナイトワークで働くことに興味を持たれている方の中には、「ノルマが厳しそう」というイメージから尻込みされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ナイトワークはノルマがつきもの。

では、高級クラブのホステスの場合はどうなのでしょうか?
今回は、高級クラブのホステスのノルマ事情についてご紹介したいと思います。

ホステスにはノルマが課せられる?

そもそも、高級クラブのホステスにはノルマがあるのでしょうか?
その答えはYESです。

最近ではノルマなしのキャバクラやガールズバーが増えていますが、高級クラブではまた色濃くノルマ制度のあるお店が多いですね。

ただ、多くの高級クラブでは、ヘルプのホステスに対してはノルマは課されていません。

その代わり、歩合給もありませんが…。そのあたりの給料制度については別の記事をご覧いただけると嬉しいです。

ただ、売上ホステスになると話は別です。

売上ホステスには売上や同伴などにしっかりとノルマが決められており、そのノルマを達成できなければ減給など様々な制度が用意されています。

ノルマがある理由は簡単。
高級クラブの売上はホステスの頑張りあってのものだからです。

お店の経営を傾かせないためにホステスにノルマを課し、また頑張りに応じて逆にホステスに昇給という形で還元しています。
それがホステスが高収入と言われている所以ですね。

売上ホステスは、スライド制で頑張りに応じて高収入を目指すこともできますが、その分ノルマというリスクを背負うことにもなります。

ホステスには色々なノルマがある

以上のように、高級クラブのホステスにもノルマは存在します。
また、一般的には利上げホステスのみに課されているものですが、特にヘルプにもスライド制でお給料を支払っている高級クラブでは、ヘルプにもノルマが課される場合も。

では、実際にホステスにはどのようなノルマが課されるのか、ここでご紹介いたしますね。

同伴

同伴ノルマは、その名の通り同伴の回数に対するノルマです。
1回同伴すれば1カウント、月々何回以上というノルマが課されることになります。

当然お店によって回数は異なりますが、一般的には月3~5回程度のところが多いですね。
この同伴は売上ホステスに課されており、自分が係としてついているお客様が何回そのお店に同伴で来店されたかでカウントされます。

つまり、ヘルプのホステスが同伴したら、そのお客様の係のホステスのノルマの達成に貢献するということです。

一見ヘルプにはメリットがないように映るかもしれませんが、そのお店での評価が上がったり、手当は直接いただけるお店が多いです。

出勤日数

出勤日数についても、新人やヘルプに対しては用意されていませんが、売上ホステスには用意されています。

売上ホステスは基本的にはお店の営業日(週5日程度)は必ず出勤するという条件で契約していたり、月に何日以上出勤するという形にしているところもあります。

特に「出勤日数ノルマ」という形を取っているお店は、土日も営業しているお店であったり、営業時間が長いお店の場合が多いですね。

売上

売上ノルマについても、同伴ノルマと同様です。
特に売上ホステスにはそのホステスが係のお客様のお店でのお会計総額の目標金額が決められており、それを達成するためにヘルプと連携してお客様をおもてなしします。

売れっ子ホステスであればあるほどノルマはどんどん引き上げられ、その分高収入にも繋がっていきます。
ですが、もしその売上ノルマを達成することができなければ、減給されてしまいます。

売上10万円ごとのマイナスで日給数千円マイナスなど。
そのことから、ノルマが課されているホステスは日々売上を達成するために営業の努力を惜しみません。

イベント

高級クラブでは、バレンタインやクリスマスなどシーズンに合わせて様々なイベントを開催されています。

そうしたイベントは年に1回、数日程度の特別な日なのでお店としてはお客様の書き入れ時です。
そのことから、イベントが開催されている期間は普段のノルマとは別に、イベントノルマを課しているお店が多いです。

売上や同伴など、お店によってそのノルマの種類や規模は様々ですが、それらを達成するため、イベント前は特に営業に力が入ります。

まとめ

以上のように、高級クラブのノルマには様々な種類があります。

  • 同伴:月ごと、週ごとの同伴回数に対するノルマ
  • 出勤日数:月ごとの出勤日数に対するノルマ
  • 売上:月ごとの売上金額に対するノルマ
  • イベント:イベント期間中の売上などに対するノルマ

以上のノルマは、ホステスの中でも売上ホステスに対してのみ課されているものが多いですが、特に六本木ではヘルプも含めホステス個人の能力で売上に大きな変動があります。

そのことから、ヘルプホステスに対してもノルマを課しているお店も存在するので、高級クラブで働く際はノルマについて確認しておくことが大切ですね。

【関連記事】
銀座と六本木の高級クラブの違いは?それぞれの特徴についてまとめたよ