銀座と六本木の高級クラブの違いは?それぞれの特徴についてまとめたよ

同じ業種のお店でも街が違うだけで雰囲気が大きく異なる、というのがナイトワーク業界の通説です。

では、そこのところホステス業界ではどうでしょうか?

まず、都内で高級クラブが多いのは銀座と六本木です。
実はこのふたつの街だけに注目してみても、高級クラブの雰囲気は大きく違うんですよ!

わたしはホステスとして、銀座と六本木、どちらの高級クラブでもホステスとして働いた事があります。

その中で正直、わたしは「性格的にはこちらの方が合ってるかな~」と思い、その街に移ってからはずっとその周辺のお店で働いていました。
・・・今から詳しく説明していきますね!

銀座・六本木の高級クラブの違い

この記事では、特に都内の中でも高級クラブの多い銀座と六本木、この2つの街の高級クラブの特徴や違いについてご紹介していきたいと思います。

高級クラブで働くことを検討されている方は、ぜひ街選びについても注目してみてくださいね。

銀座の高級クラブの特徴

まずは銀座の高級クラブの特徴について、3つに分けてご紹介していきます。

①10年以上続く老舗店舗が多い

銀座は昭和の時代から夜の街として栄えていて、その時代から続く愛されているお店も多いです。

古くから続くお店で、しっとりと落ち着いて働きたい、そんな方におすすめの街ですね。

②50代~60代の年齢層の高いお客様が多い

老舗が多いということもあり、何年、または十年以上通われているお客様も多く年齢層は夜のお店の中でもかなり高めです。

また、銀座という立地はビジネス街や永田町からも非常に近い場所にあるので、中にはテレビでよく見かけるような政財界の大御所が来店されるお店も。

③容姿よりも接客技術やマナーが問われやすい

当然ホステスは容姿も接客技術も問われますが、その中で特に接客技術やマナー、知識で高いレベルを求められるのが銀座です。

その分羽振りが良いお客様、給料制度のお店も多いですが、日々勉強が必要であることは確かです。

【関連記事】
銀座・六本木の高級クラブホステスの給料ってどれくらいもらえる?

六本木の高級クラブの特徴

次に、六本木の高級クラブの特徴について、3つに分けてご紹介していきます。

①最新鋭のシステムの店舗が多い

六本木はテレビ局やIT関連企業などが多く、高級クラブに来店されるお客様にも流行・芸能や最新技術に携わっている方が多くいらっしゃいます。

ですので、中には一見さんOK、指名替えOKなど、従来の高級クラブのシステムからは異なったサービスを提供するお店も目立ちますね。

②20代~50代以降と、お客様の年齢層が幅広い

特に六本木には芸能関係者やIT企業社長・役員など、若くして成功された方も多く、年齢層はかなり広いのもその特徴ですね。

③容姿や若さにおいて高いレベルを求められることが多い

六本木には若くて可愛い女性芸能人を見慣れて目が肥えているお客様も多くいらっしゃいます。

そのことから、六本木では特に経験問わず、見た目の美しさが重要視されることが多く、知識やマナーについては銀座ほど高いレベルを求められることは少ないですね。

まとめ

銀座・六本木の特徴を踏まえて、その違いについて最後にまとめますね。

  • 古くから愛される老舗店舗が多い一方、六本木はニーズに応じて様々なシステムの店舗が多い
  • 職種の違いもあり、銀座の方が年齢層が高く、六本木には一方で若いお客様も多い
  • 接客・容姿両方重要だけれど、銀座は接客、六本木は容姿が重要視されやすい

以上のように、銀座か六本木か、その街によってホステスやお店の雰囲気には大きな違いがあります。

これらの違いから、わたしは最初六本木のお店で働いてたのですが、銀座の方が落ち着いていて居心地が良いと感じて、そこから引退まではずっと銀座で働いていました。

皆さんも、ホステスとして働く際は、その街ごとの特徴を参考にお店選びをしてみてくださいね。