ナイトワークを辞める!ホステスから転職におすすめの昼職

高級クラブのホステスの仕事は20代~30代前半までと、決して寿命が長い職業ではありません。

特にホステスは容姿の美しさも問われるので、20代を超えたところで別のナイトワークを続けるか、はたまた全く違う職業に転身するか、選択を迫られます。

ナイトワークを続けたい場合は高級クラブのママやチーママ、スナックを開業するなどの選択肢も存在します。

また、高級クラブは社会的に地位もある素敵な男性が多く来店されることから、お客様と結婚してホステスを辞めるという方も。
(わたしがそのひとりです。)

ですが、中には将来を見越してナイトワーク業界ではなく、普通の昼職に転身したいと考えていらっしゃる方も数多くいらっしゃいます。

ホステスを辞める人におすすめの昼職

では、ホステスが性に合わなかった、ホステスを辞めたいと思っていらっしゃる方におすすめの昼職は何なのでしょうか。

ホステスとして培ってきたマナーや品性が特に活かされる、元ホステスにおすすめの昼職についてご覧ください。

接客

お客様に対する失礼のない態度や言葉遣い、話術は接客業で大いに活かされます。

特に落ち着いた雰囲気で働きたい方に人気があるのがデパートなどの美容部員です。

ホステスの仕事をしているとコスメやメイクにお世話になる機会が多く、そこからコスメや美容業界に興味を持ち、接客や美容部員などに転身される方が多数。

人と関わること、お客様を相手にすること自体が好きな方にはおすすめの業種ですね。

営業

例えば不動産や保険業界など、営業職に転身する方も多いです。

ホステスという仕事はひらたく言うと人気商売ですから、自分というホステスをお客様に売り込むことが必要不可欠です。

そのことから、営業することに慣れているホステスにとっては営業職は非常にとっつきやすいという方が多く、また働き口も多いことが挙げられます。

営業職の中にはその業績によって昇給を望むことができるという部分も、ホステスと共通していますね。

営業にはホステスのように年齢に限りがありませんから、長く働ける仕事でホステス時代に養われた営業力を活かしたいという方におすすめです。

事務

ホステスとして営業することに疲れた、他のホステスと競争することに気疲れしたという方は、事務職を選ぶのがおすすめです。

事務職は他人と競争することなく、決められた仕事をこなすことで業務が完了します。

また、事務の中でも内勤になると服装に制限が少なく、おしゃれを楽しみながら仕事ができます。

また、ちゃんとホワイト企業を選べば残業も少なく、退勤すれば仕事のことを考えずに自分のことに専念することができます。
プライベートを大切にしながら働けるというのも事務職の魅力です。

ナイトワークから昼職に転職するなら昼ジョブがおすすめ

引用元サイトはこちら:https://hiru-job.com/

以上のように、ナイトワークから昼職に転職することには、業種によって様々なメリットが存在します。

ですが、根本的な問題としてナイトワークから昼職に転職することはできるのでしょうか?

若い頃からナイトワークを続けられている方は特に不安に感じるかもしれません。

ですが、『昼ジョブ』など近年ではナイトワークから昼職に転身したいと思っている女性のための支援サービスも存在します。

例えば昼ジョブでは、昼職経験がなくても安心のマナー講座や面接対策、履歴書の書き方などを教えていただくことができます。
その上昼ジョブで紹介可能な転職先は、どこもナイトワーク出身の女性でもOKな会社ばかりです。

実際にわたしの元ホステス仲間も、この昼ジョブを利用して事務職に転職されました。
それも1人ではなく3人ほど。

今も友人として連絡を取り合っていますが、皆楽しそうにOL生活を送っています。
最近その中のひとりが今の会社で彼氏ができたそうですよ。



まとめ

ホステスから昼職に転身することは可能です。
その中でも多い転職先がこちらです。

  • 接客:コスメなど好きなもの、興味のあるものを取り扱いたい方に人気
  • 営業:ホステス時代に培われた営業力を昼職でも活かしたい方におすすめ
  • 事務:営業や人気争いに疲れた方・プライベートを大事にしたい方におすすめ

以上のように、ホステスから昼職に転身するという際にも、様々な道が存在します。

もちろんこれ以外にもホステスの転職先は様々あるので、転職を考えている方は、ご自身の将来像を見越した上で魅力のあるお仕事を探してみてくださいね。