高級クラブのホステスとキャバクラの違いって知ってる?

皆さんはナイトワークで働くとき、キャバ嬢とホステス、どちらを選びますか?

キャバ嬢とホステス、一見するとルックスや雰囲気の違いがあるだけで、働き方などにはそこまでの違いはないと感じている方が多いかもしれません。

実はキャバ嬢とホステスという仕事には、働き方に様々な違いがあります。

後悔のないようナイトワークで働くときは、キャバ嬢とホステス、この仕事の明確な違いについても知っておかなければいけませんよね。

キャバ嬢とホステスの働き方の違い

キャバ嬢とホステスは、仕事内容そのものは同じようなイメージを持たれている方が多いかもしれません。
ですが、その働き方には大きな違いがあるんです。

キャバ嬢とホステスの働き方の違いについて、3つの項目に分けました。

もちろん細かいことを言うと他にも様々な違いがありますが、働く上でどちらを選ぶか、の判断が付きやすいものについてまとめましたので、お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

意識の違い

まずは働く意識の違いです。

どちらかと言うと、キャバクラはアルバイト感覚でカジュアルに働かれている方が多いですが、高級クラブのホステスは本気で取り組んでいらっしゃる方が多いです。

もちろんキャバクラでも本気でお仕事をされている方は数多くいらっしゃいますよ。

ただ、「本気」の方が多い理由として、高級クラブはキャバクラに比べて採用の間口が狭いことにあります。

そのことから、高級クラブではナイトワーク専業でお仕事をされている方が多く集まる傾向にあるんです。

働く子の年齢の違い

キャバクラは年齢が若い方が多いです。
年代の中心としては、下は19歳から、上は20代中盤、高くても20代後半までですね。

その頃になると多くのキャバ嬢が引退を考えられます。
ですが、ホステスの場合は違います。

ホステスはママの採用基準で、年齢に関わらずお客様に魅力的に思われるような女性を採用されています。

そのことから、高級クラブのホステスには若い方はもちろん、上は30代の方もいたりと、キャバクラに比べて年齢層が幅広いお店が多いです。

若い女性には若い女性の、大人な女性には大人の女性の魅力がありますからね。

何より、高級クラブはお客様に喜んでいただけるホステスのラインナップを考えているお店が多く、年齢はあまり採用に影響しないことが言えます。

来店するお客さんのステータスの違い

キャバクラは一見のお客様でも来店することができるお店が多いです。

その一方で、高級クラブは多くが会員制で、限られた方しか来店することができません。

そのことから、お客様のステータスにも違いがあります。

キャバクラでは一般的な収入のサラリーマンも多くいらっしゃいますが、高級クラブの場合は、高収入、社会でも高い地位にいるハイステータスな方ばかりです。

ハイステータスなお客様たちとの人脈を作りたい、つながりを持ちたいと思っている方には、高級クラブの方が向いているかもしれません。

まとめ

キャバクラと高級クラブ、どちらで働くか決めることができましたか?

  • ナイトワークに対する意識はホステスの方が高い傾向にある
  • キャバクラは若い女性中心、ホステスは比較的年齢層が広め
  • 会員制の高級クラブの方がお客様のステータスは高め

キャバクラと高級クラブには様々な違いがあります。
もちろんこれらは、結果的にどちらの方が良いと結論づけるものではありません。

これらの明確な違いを踏まえた上で、自分がどちらのお店の方が働くのに向いているかどうかを判断することが必要となってきます。

お店そのものの働く仕組みを知って、より後悔のないナイトワーク生活を送ってみてくださいね。